上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イクスは、インターネットメディア事業を行っており、当然のことながら、運営するサイトが時間の経過とともに少しずつ増えてきております。RMTリアルマネートレーディング)のコミュニティーサイトをはじめ、育児ペット美容健康に関するサイトなど、幅広いジャンルのサイトを運営しておりますが、それぞれのサイトにはある共通点があります。

イクスでは、PWJ(特定非営利活動法人 ピースウィンズ・ジャパン)の活動を支援しており、各メディアサイトやブログに、クリック募金のバナーを貼っているのです(漏れがあったらすいません^^;)これは、訪問者の方がバナーを押下し、クリック募金協力サイトに訪問すると、1クリックあたり5円が世界の恵まれない人達に寄付されるという仕組みです。

5円といえど、貧困な国ではちょっとした価値に変わります。例えば、最近、テロが起こったインド。日本円の10円で何が買えると思いますか?日本では駄菓子(私はうまい棒が好きです)などを思い浮かべると思いますが、インドではコーラ(日本では約100円の商品)が飲めます。単純計算するとお金の価値が10倍になっていますよね。

サイトを運営する事で、社会貢献ができるという一例だとは思うのですが、今後もイクスは社会貢献的な活動に積極的に参加し、実績をコツコツと残していこうと思っております。

クリック募金

社内の催し物

こんにちは。
すこしずつ秋の気配が色濃くなってきましたね。

先日社内でパーティーを催しました。

今回のお題目は「結婚式」「聖誕祭」「卒業式」。

イベントが重なったので、今回は準備がかなり大変でした。
社内イベントの基本は「手作り」です。
もちろん、プレゼントは商品だったりしますが、社内の飾りや
お食事、その他諸々は全部手作りなのです。

今回お食事は他のスタッフにお願いして、私は大道具・小道具・演出・音楽?をフル担当いたしました

なんといっても今回は、初の試みである「結婚式」があります。
社長からは「結婚証明書」の作成依頼がきておりましたので
まずは100円ショップ(内緒ですよ)でささっと、パーツを集めて工作開始です。

結婚証明書と結婚指輪

・二つ折り色紙
・ラッピング用紙
・ガラスのフォトスタンド
・ケント紙

そして、ゲーム関連の会社ならでは?とでもいいましょうか。

新婦のスタッフはラグナロクオンラインが大好き。
新郎のスタッフはエミルクロニクルオンラインが大好き。

なので、ラグナロクオンラインのモンスター「ポリン」を宝石に見立てて、結婚指輪も用意しました。
これは、おもちゃのリングの飾りを取って、樹脂粘土で作ったポリンを乗せました。

そして会場の飾りつけです。

お誕生日は恒例行事なので使いまわしですが、今回は寄せ書きパネルを追加しました。

お誕生日

結婚式の会場は、ラグナロクオンラインの「プロンテラ大聖堂」に見立てて。
ちょうど良い形のパーティションが大活躍してくれました。

(偽)プロンテラ大聖堂

会場で流すBGMもしっかり抑えていよいよ開会です。

リネージュ2のガイドブックを片手に怪しげな神父(部長)も登場。

怪しい神父


もれなく聖歌隊ならぬメイド隊も(内2人は男性スタッフです)

メイド隊


略式ですが一応形式どおりに進めて、めでたく指輪の交換です。

指輪交換

そして待ちに待ったお料理も完成したのでワイワイと食事タイムです。
メニューはキムチ鍋とちらし寿司です。

お食事

卒業するスタッフのために社長自ら盛り付けたちらし寿司にはこんなものが。

具?

とまぁ、今回は大規模な催し物となり、とても楽しいひと時でした。
画像はないのですが、このあとはW部長による、「かわいがり」が行われました。
その様子は弊社スタッフブログ「働くママのほっと一息」で内部告発されております。

告発記事:http://blog.livedoor.jp/ex_mammy/archives/65154812.html


平素より当社サイトをご利用いただきまことにありがとうございます。
誠に勝手ながら、以下の期間を夏季休業とさせていただきます。

【期間】 8月13日(水)~8月17(日)

期間中のサポート、お問合せ対応を含む事務関連業務は
8月18日(月)以降の対応となりますので予めご了承ください。

取材

本日無事にベンチャー通信のインタビュー取材が完了しました。
掲載は9月号の予定です。

15時から取材陣が社内入りし、社長から順に管理部長、システム部長のインタビュー。3人ともはじめての取材で少々緊張の様子。

事前に取材案を送ってくださったので、それについてイクスから伝えたいメッセージなどを詳しくテキスト化しておいたのですが、それ以外の事もたくさん聞かれたらしく、「緊張のあまりヘンなこといわなかったかしら・・・」なんて頬を赤らめる社長・・・かわいいです♪
パーティションの裏側で聞き耳立ててましたが、女性の雇用支援について熱弁をふるわれてましたよ!
部長のお二人は初めての取材にもかかわらずなかなか落ち着いた雰囲気でインタビューが進み、さすが社長の両腕といった感じでしょうか?

「顔を出さない」という条件の下、広報のお仕事をさせていただいているのですが、社内風景撮影の際に突然取材陣から、「ここに座って、社長と笑顔でコミュニケーションをとってください~」と、撮影に狩り出された私!断る間すら与えてもらえずあれよあれよとフラッシュが・・・・

・・・広報担当の独断と偏見で、この画像はボツにすることにいたします。

なにはともあれ、無事に済んでほっとしています。
取材陣の方々もお暑い中ご足労いただきありがとうございました。

この経験を活かして、これからの広報活動をより充実したものにしていきたいと思います。

危機管理能力

ネット社会の急速な発展に伴い、インターネットが身近な存在となりましたが、それを扱うユーザの認識と教育体制は整備されておらず、自身の責任に委ねられている部分が多々あります。
昨今ニュースや紙面をにぎわすハッキング、フィッシング被害や学校裏サイト、winny、shereによる情報漏洩など、幾度となく問題として取り上げられているにもかかわらず、終息する気配を見せません。

「インターネットは世界中とつながっている」

専門的な知識がない人でも、インターネットを利用している人々を見る限り、おぼろげながらもそういう認識をしていると感じられるのですが、なぜかインターネットにまつわる事件に関しては、まるで「対岸の火事」のごとく。

パソコンの画面の右下に、ある日見慣れないダイアログが表示される。
「なんなのかよくわからないから無視しよう。へたにさわったら壊しちゃうかも。」
ひょっとしたらそんな気持ちで、Windowsのupdateやセキュリティソフトの更新を怠っているのではないでしょうか?

怪しげなサイトやブログや掲示板で何気なく貼られているURLや見覚えのない相手からのメールには「何のサイトだろう、きになるから見に行こう。」
ひょっとしたらそんな気持ちで、ハッキングやフィッシングサイトなどの悪質なサイトに足を踏み入れているのではないでしょうか?

なんだかおかしいですよね。
どちらも知的欲求を刺激する信号であるはずなのに、行動はまったく逆でしかも見事に選択を間違ってしまう。

PC自体が出す危険信号には拒絶反応を起こし、インターネット上のまったく知らない人からの甘い誘いには逆らえない。
悪質サイトは見事に人間心理をついているといえますが、それにしても危機管理能力というものがなさすぎなのでは?と思うことがしばしばです。

危機管理能力といえば、「緊急地震速報」もそうですね。
最近甚大な被害を出した岩手宮城内陸地震の際、関東地方でもかなり大きく揺れました。
その際、テレビのデジタル放送で緊急地震速報が流れたと聞いたのですが(私は寝ていて気づきませんでしたが^^;)
その速報を見た知人はどうしたかというと「へぇ~、そうなんだ。でもこっちまでこないよね」と思い、直後に来た大きな揺れに驚いたと語っていました。

危機管理能力というのは、教育もそうですが、自ら体験することで初めて身につくものなのかもしれません。
しかし、ネット被害も地震も、身をもって知るには少々ハイリスクですので、啓蒙活動と、「正しい知的好奇心」を育む教育体制は必要不可欠だと感じています。

インターネットの規制法案によって、危険を知らないこともたちが増えないよう、イクスは努力していきたいです。



««BACK  | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。